読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の旅のお作法

妙齢からの、己を知る道、心のお散歩(笑)

半信半疑で…気功、やってます。

f:id:spica-suzuhazu:20170112144720j:plain

気功やってるというと奇異な目で見られるので、あんまし友人知人には言ってません。人に説明するのも、とても難しいです。

一応「人を吹っ飛ばさない方の気功をやってます」とお伝えしています。

やってることは、太極拳とか、今流行りのヨガとかとほぼ同じベクトルだと思うのですけれど、どうも気功には変な秘密主義があって、ワザと確信をぼかすところがあるので、この辺が好き嫌いが分かれるところでしょうか? また、前述の二つに比べてスピリチュアル寄りのインチキくさい教室、先生が多いことは確かだと思います。加えて集まる方の生徒さんもユニークな人が多いように思います。

あたくしが気功を始めたきっかけは一つではなく、イロイロあるんですけど、その中で大きく占めるものに「ストレスに強くなって、メンタル系の不調から解放されたい」というのがありました。

と、いいますのも、え〜と、前々職かな? 断薬してジョギングを行うようになったら、3〜4ヶ月で調子が良くなり、就職もスムーズにいったのですが、その後がいけません。フルタイムのお仕事に就いたら、ジョギングをする十分な時間を作ることができなくなりました。

ストレスを感じると、自分の場合、最初はお腹を下し、その後、風邪を引き、こじらせます。そのストレスも、病気になる前だったら何ともないこと…「うざったいパートの古株のババアがいる」とか「楽することばかり考えてるアホな正社員の存在」です。そんなのどこにでも居ますよね? 以前では何でもなかったことに辛く感じてしまうこと、悩んでもしょうがないことで体調を崩してしまうことが、とても辛い。あとは「これはストレスのせい」と薄々分かっているのに、平気なフリをしているのも。「身体弱いの?」と言われココロの中で(いえ、精神が…)とつぶやいてみたりね。

そこで最初は自己啓発本に逃げるワケです。具体的には、当時のベストセラー『嫌われる勇気』とか、デール・カーネギーの『人を動かす』とかね…。それらは良書だとは思うのですが、しかし、頭では理解しても行動に落ちてこない! だから「こう振舞うべきなのに、できない」と、またしてもモヤモヤ&イライラするのです。

そんな時に出会ったのが気功でした。ストレスで身体がカチカチ、加えて、当時通っていたカウンセリングで教えてもらった「筋肉弛緩法」の限界が見え始めていたので、気功施述を活路を見出したのです。気功が何なのかよく分からないまま、試しに…といった軽い気持ち。でも、随分施術料が高額なんです(笑)。迷っているうちに、気功そのものを教えてくれる、という人を見つけました。

そこでは、以下のようなことを掲げておりました。

・ストレスに強くなる。

・本来の自分になれる。

・自分の病気を治し、人の病気も治せるようになる。

何だか気功って魔法のような素晴らしい技術!(ツボや水晶の販売など)変な教室だったら即刻辞めればいいのだから…と、ドキワクで教室に参加したのです。

…以来、2年ちょっと気功やってます。功法は…気功の知識がある人にしかわかりませんが…站椿功(タントウコウ)といいます。立ってブルブルするだけ、しかも、1時間とか…。

あまりにも単調で、2年も続けている人は極くわずかになります。

そして、2年間の継続で上記3つのことができるようになったかというと…。

なりません!(笑)

始めたばかりの時はプラセボ効果か絶好調で、再就職に成功。しかしその先では、社長がものすごく恫喝する人で、ストレスでダウン…

本当の自分にも出会った感ないし、病気も他人はおろか、自分のだって治せません。

教えてくれている先生の気功施術も受けたことありますが、パニックが一瞬でも治ることはありませんでした。

「ストレスでダウンしそうです」と訴えても、先生からはひたすら「練習を頑張るように」「心臓に気を送れ」と気功的な見地からのご指導がいただけるばかりで、魔法のような力というものは体験できませんでした。半信半疑ながら、ちょっと期待してたんですけどね(笑)。

ここで、気功効果ないじゃん!と怒って投げ出してしまうこともできるかと思うのですが、ボルテージダウンしながらも、なぜか自分は今も続けています。

恐らく、目的は一つも叶わなかったけど、気功を通じて「とても頭デッカチな自分」に気付くことができたからだと思います(実際に、若い方、頭の柔らかい方、身体感覚に敏感な人の方が気を感じやすく、気功の上達は早いらしいですよ)。

また、これは自分が勝手に感じていることなんですけど、どうやら気功は、肉体的な不調や疾患(腰痛とか、はたまたガン)には効果が感じる人が多い一方、精神的な症状の改善は不得意みたいですね(鬱よりも脳腫瘍の方が得意、みたいな)。

まあ、東洋医学ですと、感情は五臓六腑につながっているので、メンタルを元気にしようと考えると、その全部を整え、かつ、脳も整える、という風で時間がかかるのかもしれません。

というわけで、気功には何かしらの効果が見られるけど、気功治療に関してはよく分からない、しかし、結構なお金が動いているのは確か…という感じです。本当に不思議な世界です。