読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらばカウンセリングよ!

妙齢女性の遅すぎる心の旅のグルグルなど…

引っ越しで医者を変えたのが、薬を断つきっかけに

カウンセリングの前

f:id:spica-suzuhazu:20170228194825j:plain

そういうわけで、医者からの「一生飲んでれば普通の暮らし」との言葉を真に受けて、療養中も、そしてお仕事中も「再発予防」として抗うつ薬抗不安薬を飲み続けていたわけです。すでに最初の再発より8年近く経過しておりました。(最近ではようやく「漫然と長期投与することはNG」ということが認識されつつあるようですが)

 

しかし、世の中は無常です。ある時、このバランスが崩れるきっかけとなる出来事がありました。

引っ越しによって、通院先を近所の病院に変えたのです。

そこの医師は穏やかな雰囲気を持ち、話もゆっくり聞いてくれると、評判も悪くないようでした。

が、なんというか、お薬を出すのが大好きなお医者さんだったのです。

 

それまでは、

抗うつ薬1種類(SSRI) + 抗不安薬1種類(ベンゾ系) + 睡眠導入剤1種

だったのですが、あっという間に

抗うつ薬2種類(SSRISNRI) + 抗不安薬2種類(ベンゾ系) + 睡眠導入剤1種

と、倍に増えたのです。

 

少しでも良くなれば、それでもいいのかもしれませんが、具合の悪さは1ミリも変わりません。当時は落ち込んだかと思えば、制御できないほどの怒り襲われたりしていました。

そのまま4ヶ月ほど経過し、さすがに本能が「これは違うだろう」と思いました。

そこで、現状をお話ししてみたところ、再び処方が変わったのです。

 

抗うつ薬2種類(SSRISNRI) + 気分安定薬1種類(リーマス) + 睡眠導入剤1種

 

長引く鬱は、双極性障害Ⅱ型によるものかもしれない、との見立てです。

そうしましたら、足のムズムズやら、異常な興奮状態(過覚醒というかギンギンな状態)とそれによる不眠、嘔吐なんかが始まったのです。

生まれて初めて、神経が高ぶり、朝まで眠れないというを体験しました。そうなりますと、昼夜逆転まで一直線です。

 

実は、少し前から、体調に関する日記をつけるようにしていました。

・どこがどんな風に辛いのか、できるだけ詳細に

・出来たことと、やろうとして出来なかったこと

・1日の中での気分や体調の変動

…などですね。

 

そうして、それをある時、見ていたら「薬を変えてから、確実に悪化している」ことに気づいたのです。

仕事をせず、薬を飲みながら休養を取っているのに、一向に快方に向かわないばかりか、明らかに体調が悪化しているのです。

いてもたってもいられなくなり、日記の該当部分のプリントアウトを持参して、予約までまだ日があったので、イレギュラーで診察をしてもらいに行きました。

 

「では、薬が合わないとお考えなのですね」と平素は優しい医師が、非常に不満気だったのを記憶しております。日記のプリントアウトには目もくれません。お疲れだったのかもしれません。しかし、なんだか空恐ろしくなりました。

私なりに、現在の苦しい状況を説明したのですが、先生は「ん〜、次の予約の時に減薬を考えましょう」ということで、返されてしまいました。

その時、よっぽど切羽詰まっていたのでしょう。大げさですが「次の予約まで、生きていられるか分からない…」と思ってしまいました(笑)。

それで、なんとなく「プツッ」と医師への信頼感の糸みたいなのが切れてきまったのです。

 

次の予約の時に、わたしは病院に行きませんでした。

自分で減薬を始め、ジョギングを始めたところ…半年後には寛解をむかえ、しばらくはお仕事ができるようになったのです。

 

当時、薬を変えたことによって、なぜあんなに苦しんだのか分かりませんでした。

ただ、飲んでいると余計に具合が悪くなるので、全ての薬を飲むのを止めただけです。

しかし、今なら、なぜだったか分かるのです。

先生は、約8年間飲み続けていた抗不安薬をいきなり止めて、リーマスに変えました。

単なるベンゾジアゼピンの禁断症状です(笑)。

 

薬を止めて気がついたのは、今までの猛烈な興奮や抑えきれない怒りの衝動がなくなったことです。病気で精神が不安定になっているのだと思っていたら、薬によって精神が不安定になっていたのです。

ちなみに、最後まで断薬しにくかったのは、意外なことに睡眠導入剤でした。

抗うつ薬の副作用に「不眠」があるのを知ったのは、ずっとあとのことです。

 

恐るべし、向精神薬

 

振り返れば、あの医師は、まぎれもない「人当たりのよいだけのヤブ」だったのですが、こうした医師との出会いが、薬を断つきっかけとなったのですから、感謝せねばなりません。